「Vistaでたね」 決戦編
「Vistaでたね」
「Vistaでたね」 アキバ編

何の決戦だ!というタイトルですが、まあいいじゃないですか。

先輩の車でパソコンを運びました。普通のデスクトップだし、重いし
こき使われてるし、なんだか気持ちよくなってきました。あまりの傍若無人ぷりに。





終始緊張しっぱなしでしたよ。車の中で、

先輩:「女の子の家とか、いったことあるの?」
と聞かれ、女の子・・・?と思ったのは内緒ですが
僕:「記憶にないですねー。ていうか凹むのでその辺は聞かないでやってください。」
早速死にたいです。

そうこうしている間に先輩の家に着きました。
正直、華やかな家を想像してましたが、まったくそんなこともなく
殺風景で必要なものだけおいてあるといった感じでしたね。
ただ、戸棚には焼酎とワインとウイスキーがびっしりと飾ってありました。
びびったね。どんな酒豪だよ。

僕:「先輩。僕今日がんばりましたよね?パソコンもちゃんとセットアップするんで、
そこの戸棚にある酒をちょっと分けていただけませんか?」
先輩:「しょうがないわねえ。冷蔵庫にもビールがあるから、好きなだけ飲んでいいよ。」
と、冷蔵庫も見せてもらいましたが、ビールがびっしりでした。ホント僕って安い男。


神様は僕の頑張りを見ていてくれたに違いないね。
パソコンを必死こいてセットアップしてたら、
先輩:「今日はありがとね。ご飯おごっちゃうよ。食材買ってあるの。」
僕:「ゴチになります。おごるっていうか、作ってくださるんすね。」
先輩:「外食はほとんどしないしねえ。料理なら一通り出来るつもりよ」
僕:「うらやましいですね。僕もたまに作りますけど、まずくてまずくて・・・。」

とまあ、話しているうちにいい香りがしてきました。
こっちはこっちでパソコンのセットアップが一段落して、宴会が始まりました。
すき焼きでした。何とまあ豪勢な・・・。用意してたんすかね。
大変おいしく食べました。豊富なお酒を大いに飲みつつ、
さまざまな話題で盛り上がりましたよ。

僕:「今の仕事ヤバイっすよね。早く抜けたいんですが。」
先輩:「無理無理。私はすぐ抜けるけど、Nord君は最後までいるんじゃない?」
僕:「うわひどい。」

先輩:「いつも休みの日は家で何やってるの?」
僕:「おおむねゲームとか、ネットとか、本読んだり、音楽聴いたり・・・。
ほぼパソコンの前から動かないですね。」
先輩:「家でもパソコン触ってるの?飽きない?」
僕:「まあ、一心同体ですからね。」
先輩:「私は家では触らないなあ。お正月の休みとかずっと触ってなかったから
視力がちょっとよくなったよ」

いや、それはまずい!まずいですよ!!No more 視力回復!!

先輩:「2chとか見てるの?あれ面白いよね。モナーとか、電車男とか。」
僕:「面白いですね。見ない日はないです。電車男はリアルタイムで見てましたよ。」
先輩:「やっぱり憧れる?電車男みたいなのに。」
僕:「いやー、あれは無理ですね。僕には、ドラマで言うところの劇団ひとりとか
ドランクドラゴン塚地みたいな立場のほうが似合ってますよ。
キターーーーーとかいいながら書き込みするね。」

いろいろ話しながら、アルコールも進みます。
なんといってもタイマンですからね。緊張の極みで、アルコールばかり摂取してました。
アルコールによる汗なのか、緊張による冷や汗なのかわかりませーん。

僕:「何をいまさらって感じもするんですが、いきなり彼氏が押入れから出てきて
『俺の女に何をするんじゃー!!』みたいなことはないんですかね?」
うっかり攻めてしまいました。

先輩:「そんなことあるわけ無いじゃない。いたら頼まないよ。」
僕:「まあ、そうですよね。つってもいたら彼氏に任せますよね普通」
先輩:「あーでもどうだろ。前のはパソコン全然わからないしなあ」
僕:「それもまあ、普通ですよね。彼氏は普通の仕事のほうがいいですよね。
なんていうか、共倒れになりそうですし。」
先輩:「最初はそう思ったんだけどね。最近は同じ業界のほうが良いような気がしてきたな。ほら、徹夜とか多いじゃない?どうもその辺理解してくれなくて・・・。
長いときは半年以上修羅場のときもあるけど、その間は構えないじゃない。
その辺でやっぱりギクシャクしちゃって。前のも・・・・」

あーあーあー。愚痴が始まっちゃいました。頷き防衛モードに入りました。
先方さんも泥酔してきたんでしょうかね。こっちもやばいです。

先輩:「そっちはどうなのよー。やっぱりこの業界じゃダメ?」

業界とか関係なく、二次元の女の子のほうが良いなあ。うんこもおしっこもしない
綺麗な娘ばっかりさ。と、即座に思いつつも

僕:「業界なんて関係ないですよ。でもこの業界だと絶対数が少ないですし
別ので・・・と言いたい所ですが、出会う機会が無いですね。」
先輩:「出会う機会があっても、ダメなんじゃない?ふふふ。」
僕:「大きなお世話じゃ!」

宴もいい感じに煮詰まったところ、ふらつきながら何度目かのトイレに入ったわけですが
ナイスアイデアに閃いてしまいましたよ。

もう帰れないし(というか、帰してくれないというか)あれだ、これはきっとあれだ
アレだナニだ。伝説の台詞を言っても許してくれるんじゃないか?
”先輩!オッパイおごってください!”
大いに酔っ払ってたんでしょうね。ホントお恥ずかしい。

居間に戻ってきたとき、先輩は寝てました。ぐっすりと。
無防備だなー。何これ今日のご褒美?頂いていいの?
いやいくらなんでもこれは罠だろ。覗き込んで悩みました。
ヘタレな僕には寝顔を見てるだけで精一杯でした。
あー俺はヘタレだなーダメだダメだ、とつぶやいて、部屋の隅っこで寝ました。
僕はミノムシですと思いながらね。

朝になりました。
重い頭を何とか働かせて、先輩を起こして、食器を洗って帰る準備をしました。
先輩はすげー眠そう。まあ、僕が帰った後ぐっすり寝てくださいよ。
帰り際、ニコッとしながら

先輩:「じゃあ、またね。ヘタレ君」

とボソッと言われました。
あああああああああああああああああ。何だかわからない感情にとらわれ
走って帰りました。早朝じゃなかったら叫んでいたことでしょう。

長くなってすいません。後日談へ続く。
[PR]
by nord-ost | 2007-02-06 00:00 | 妄想劇場
<< 「Vistaでたね」 後日談 「Vistaでたね」 アキバ編 >>



自分会議議事録
by Nord-Ost
カテゴリ
全体
このサイトについて
自分会議議事録
妄想劇場
音楽
vs Vista
NerdなEnglish
以前の記事
2008年 11月
2008年 01月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
フォロー中のブログ
Link
ライフログ
最新のトラックバック
広告漫画「かへ」 広告挿..
from スーパーサイヤ人
レーシック情報サイトです。
from レーシック失敗しないための情報
僕の記憶
from ゴッドアングルS
だめんずなんとか
from ゴッドアングルS
桑田忠親『茶道の歴史』(..
from へうげもの official..
クレイモア地雷
from 一撃必倒!
ブービートラップ
from ゴッドアングルS
どりーむ
from ちょっとタンマ。
むむ。
from 君が見る日常。
僕という人間は・・・
from 新 世 界
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧